何気なく使っている物

クローゼット

最近のホームサンターには、日曜大工を支える様々な道具が存在する。日曜大工を行う男性や最近では女性までが、ホームセンターなどで、電動工具などを食い入るように見ている。生活を楽しむために、あるいは老後を生き生きと暮らすために、そのような活動に打ち込むのだ。それで、日曜大工のブームのおかげで土日休日ともなれば、工具コーナーはお客さんでいっぱいになる。しかし、おもに棚を作ったり、庭に備品をつけるために行う日曜大工がメインである。しかし、最近は大工さんや左官屋さんや電気屋さん顔まけの工事や物作りを成し遂げる、ごく普通のご主人さんや主婦までが登場している。出来栄えもセミプロともいえるような出来のものまで存在している。中でも壊れた電化製品などの交換を自分で行う人も増えている。それで、今回は換気扇交換作業にスポットを当ててみよう。

前述でも述べたように、日曜大工の経験者であれば、何でも自分で行う男性や女性が最近は増えている。しかし、その中でも難敵なのが、電化製品の交換である。なぜなら、この作業に失敗すると購入した新品の製品までが失われるからである。また、火事になる可能性を秘めたものなだけに、慎重になる気持ちも分かる。とはいえ、意外と簡単に行えるのがこの換気扇交換である。まず、フードがついた換気扇を除外すると、そのほとんどが簡単にできるものばかりである。その取替えの方法だが、まず換気扇の表面のカバーを外すと、あとはネジが上に二箇所、下に二箇所止まっているタイプがほとんどだ。そのネジを外せば取り外し完了。後は新品をはめ込みネジで止めれば出来上がりというわけだ。因みにこの交換作業で一番気をつけてほしいのが、換気扇のサイズの確認である。プロペラのサイズと外枠のサイズを間違える人が多いので、もし交換作業をする予定があるなら、是非気をつけてほしい。